2011年5月1日日曜日

流れる世界

生み出された世界や人物は、オチに向かって突き進んでいる。
それは積極的かもしれないし、ただ、タイムコードが進んでいるから結果的に進んでいるだけなのかもしれない。
もしかすると創作者ですら、そのラストは想像できないものなのかもしれないが、創作者の責任は、それを最後まで描いて提示することだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿