2011年7月1日金曜日

引き寄せられる記憶

私が毎日見ているあるブログには、一日2枚ペースで風景写真がUPされている。
ここ最近は夏の田舎の景色が毎日楽しめるのだが、その中でのある一枚で、私は小学校の頃の記憶に接触した。
この時期、自分が児童の頃はどんな心境でどんな毎日を送っていたのかだいぶ忘れていた。放課後、友達と鬼ごっこをやったり、授業中に国語の教科書の片隅でパラパラ漫画を描いたり。クーラーのある職員室に入った時の恐ろしいぐらいの涼しさを感じたり。
今ではスルーしてしまうようなことも、小学生にとっては全てが新鮮だ。特に夏は感覚が極端なものが多い。それを代表するのが「暑さ」だと思うが、今の私が感じる暑さと、小学生の頃の私が感じていた暑さはきっと違う。そのきっと違う暑さを、ブログの写真は思い出させてくれた気がするのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿