2011年7月16日土曜日

道はいつでも目の前に切り開ける

映像クオリティの上げ方はいくらでもありうる。しかしそこに思考が行きつかなければ、レベルはいつまでたっても変わらない。これでいいやと思った段階で、その映像のレベルはそこで止まる。自分から常に湧き出る、面倒くさいなぁという心は厄介で、それを断ち切らずして映像を作ることは不可能だ。

もし面倒くさいという気持ちが支配して筆が止まったら、その活動にはいったん終止符を打ち、別の活動に楽しさを見出した方が有益である。

「きっとまだ出来ることがあるはずだ」 この精神は常に持っておきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿