2014年7月18日金曜日

精度と工程

チェック工程A、B、Cを経て完成という工程があったとする。
 
チェックAの精度が上がればAのミスが減る。
チェックBの精度が上がればABでのミスが減る。
チェックCの精度が上がればABCそれぞれのミスが減る。

ういう工程を踏まえ、それぞれのチェックを惜しまなければ
 完成の工程での、初期段階うっかりミスの確率も下げられる。

0 件のコメント:

コメントを投稿