2015年4月12日日曜日

作業と音楽

何か作業の時にかける音楽のことを、作業用BGMなどと言われたりする。
絵を描く時や掃除をする時、勉強する時などに音楽を流すことで、ムードを高めたり、心を落ちつけたり、効率化をはかったりする際に役に立つかもしれない。電車で移動中や、車を運転中の時にかける音楽は作業用BGMとは多分言わない。移動用BGMとか言ったりするのだろうか?
映像や作画のスタジオでは、ヘッドフォンをして作業している人がとても多い。
人によっては「他人から声をかけられないように」とか「周囲の雑音をシャットアウトする」という意図でヘッドフォンをしている人もいるようなので、一定の効果はあると思う。自分もそういう風に作業をしたことはある。
僕は、仕事中はBGMをかけることはあまりしなくなった。例えばアニメーションの絵コンテや作画や撮影編集で、絵コンテの場合は尺を計る作業があるので、音楽は流すことができない。絵を描くときは音楽を流すこともあるが、出来るだけ気が散らないように静かなインストゥルメンタルをかける。撮影の場合も、編集の場合もタイミングを調整するので、音楽を聴きながらの作業はできない。ただし、作画の彩色など、反復作業になりやすい作業時には、曲をかけることはある。そう言えば、音響の友人によると、音響の作業をしている時もやはり曲はかけられないらしい。
読書するとき等であれば、音楽をかけてもいいかもしれない。音楽を聴くときは、できればほかに作業はせず、静かで何もしない状態で聴くことが多い。

0 件のコメント:

コメントを投稿