2017年1月8日日曜日

反射と鍵

道を歩いている時、どこか近くで車のクラクションが鳴ると、びっくりして音の発生した方を振り返る。これは、けたたましい音にびっくりして振り返っただけであり、車の様子がカッコかったからでもなく、クラクション音が心地よかったからでもない。単なる人の反射である。聞こえたから振り返ったのだ。

映像でも似たようなことがあって、例えば真っ暗な画面から明るい画面に切り替わると見ている人は目がくらむ。見る側からすると受け身な反応であり反射のひとつだ。光がびっくりするほど美しかったわけではない。感動ではなく単なるリアクションであって、その表現自体が人の心を揺さぶったわけではない。

創作は、人をびっくりさせるもの、意外な何かを見せるもの、という面がある。そのため、とにかく見る人に反射させよう、という創作物もある。それが悪いわけではないし、まず見てもらうためには注目したくなるような仕掛けを施す必要がある。ただ、見る側にあまりにも何もさせない作品だと、そのうち飽きられてしまう。クラクション音も、2回、3回と鳴らされたら振り向かなくなる人もいるかもしれない。反射を活用する時、同じ手はそう何度も通じないのが弱点だ。

一方、絵画などを見るときは、見る側は自発的にならざるを得ない(Twitter等に上がるイラストとかでも、注目している時間はきっと自発的になると思う)。絵画は基本的に動かないし、終わりが無い。終わらせるとしたら見る人がその場から立ち去るだけだ。
同じ絵を見るにしても、人によって感じるポイントは異なる。それは、絵と自分が向き合った時、自分の中で生成された感動ポイントがあって、感動ポイントに触れることで、作品の良し悪しや、発生した感情を認知する。

感動は見る側にとって自発的なものであり、見る人にとって「良い」と感じる素養があるから、心が動く。作り手は見る人の心を直截動かすことはできない。ただ、心を動かすためのキッカケ、鍵っぽいものを渡すことはできる。感動の為の鍵を使うかどうかは受け手次第だと自分は考えている。

0 件のコメント:

コメントを投稿